ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< チーズと塩と豆と | main | 追想五断章 >>
# いちにち8ミリの。
中学3年生のわたしはある日庭の「ゴリづらの木」の上に
男の子がいることに気づいた。姿は見えないけれど声はする。
最初はゴリづらの顔を見てやろうと必死だったけれど、
そのうち学校での悩みや気になる加藤くんについて相談するようになった。
どうもわたしは小さい頃ゴリづらと約束をしたようだけれど
まったく思い出せないでいる。
「ゴリづらの木」
年末に閉演が決まったワールドパークで12年園長を務める俺の前に
林勘助の子孫の復讐を目論む忍者の荒巻が現れた。
本当に子孫でないか見張るのだとつきまとう荒巻に辟易するが
本物の忍者がいると何故か評判になりワールドパークの入園者が急増。
しかし親元から家系図が届いて俺が標的でないことがわかると
荒巻は姿を消し、ついに閉園の日が訪れる。
「手裏剣ゴーラウンド」
美澄を愛する俺は彼女を狙う石や神主の相手をするのに忙しい。
突然動き出した不思議な石の目的は
なんと美澄の家を見守れる丘の上に移動すること。
一日8ミリしか動けない彼の努力の積み重ねも
怪しい神主・太田源信の念力ショーのために毎年戻されてしまう。
源信のたくらみを看破しようと
俺は野生時代に一緒にいたカラスのクロコと画策する。
「いちにち8ミリの。」
装丁・装画:大路浩美

故中島らもさんの娘さんだそうです。
童話のような少し不思議な短編集です。
今の社会からはみ出した人(動物、石も含む)の存在によって
当たり前だと思っていたことが別の角度から見えてくる。
「手裏剣ゴーラウンド」が一番わかりやすくて面白いかなあ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:22 | category: ナ行(その他) |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:22 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links