ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 僕の明日を照らして | main | いちにち8ミリの。 >>
# チーズと塩と豆と
評価:
井上 荒野,江國 香織,角田 光代,森 絵都
ホーム社

母が不治の病だと発表する場にも関わらず
いつも通りクラブを借り切り会食をする親族が信じられず、
大学進学を機にわたしはバスクを出た。
大学を卒業してからも家には戻らず
アルバイトでお金を貯めては旅行に行きゲストハウスで料理を振る舞っていると
難民キャンプで炊き出しを行うNGOに誘われる。
「神さまの庭」/角田光代
トリノの高校時代に私とカルロは出会った。
三十歳の年の差を気にせず私たちは卒業後すぐに結婚して
大学に進学せずに山で暮らすことに決めた。
それから十四年、カルロは突然倒れ半年以上意識が戻らないままだ。
私は今日もカルロに届くようミネストローネを作って病院へ向かう。
途中で男の子と会ったりもするけれど。
「理由」/井上荒野
ブルターニュの慣習に縛られた家を飛び出して
シェフを目指していた僕が久しぶりに家に戻ったのは
絶交中の母が危篤で倒れたからだった。
皮肉にもブルターニュ人らしい粘り強さを発揮して
チーフシェフまで上り詰めた僕は
編集者のサラと一緒に家に戻り、母の気持ちを知ることとなった。
「ブレノワール」/森絵都
あらゆる人に誠実なマヌエルと僕はコテージを訪れた。
コテージやその周辺の食事を楽しみながら
僕は自分とマヌエルの関係性について考える。
「アレンテージョ」/江國香織
写真:源孝志、大野晋三 装丁:坂川栄治+坂川朱音(坂川事務所)

NHK・BS「プレミアム8」で2010年10月に
女性直木賞作家が南ヨーロッパで取材をして
物語を作り上げていく過程を撮影した番組をやっていたのですが、
その企画で作られた豪華な4作品です。
偶然井上荒野さんの回だけ見たのですが、
南欧の自然のおおらかさ、食べ物の魅力、
そしてこの作品をもとにしたドラマが放送され
盛り沢山な番組となっていました。

「理由」の登場人物であるカルロとアリダは本当にモデルがいて、
高校の先生と生徒として知り合って山で暮らす素敵なお二人でした。
現実のカルロはまだぴんぴんしていましたがいずれこうなってしまうのかなあ。
もしモデルのお二人がこの小説を読んだら気を悪くしないか心配です。
だってカルロが意識不明の重体に陥っているのに
若いアリダは他の男にうつつを抜かしているなんてねぇ…

「神さまの庭」と「プレノワール」は少し似ている気がします。
慣習に縛られた故郷を飛び出して料理人になるけれど
実はその慣習こそが自分の血となり肉となっていたことに気づいていく。
ベタな設定ですがいい話です。「プレノワール」の方が泣かせます。

「アレンテージョ」が一番とりとめがない感じでのんびりできます。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:56 | category: その他オムニバス |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:56 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links