ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 張り込み姫 | main | どうで死ぬ身の一踊り >>
# オール・マイ・ラビング――東京バンドワゴン
ネズミのお墓参りに茅野さんの甥っ子が
いつの間にかページが増える百物語の本に怯えて参加、
バンドワゴンの隣に出来た藤島ハウスへの引越しと重なり
手薄になった店を亜美さんの弟が手伝いに来る
「夏 あなたの笑窪は縁ふたつ」
バンドワゴンの蔵に眠る秘密文書を新聞記者文化庁が嗅ぎ回り
店の前には「捨て猫」と書かれたダンボールに猫の本が詰められ
みんなでかんなちゃんと鈴花ちゃんの1歳の誕生日を祝う
「秋 さよなら三角また会う日まで」
紺がお世話になった百々准教授が蔵書を預けに訪れ
藤島さんは永坂さんと三鷹さんに会社を任せて独立を試み
今度はみんなでクリスマスパーティを開く
「冬 背で泣いてる師走かな」
永坂さんと三鷹さんの結婚が決まり
無事に手術を終えた我南人の元へキースの手紙を持ったハリーが訪ね
研人はメリーちゃんとの約束で卒業式ライブを開催する
「春 オール・マイ・ラビング」
イラストレーション:アンドーヒロミ ブックデザイン:鈴木成一デザイン室

安心して読めるけれども退屈しない、
まさにお茶の間ドラマのような作品も
もうスピンオフを含めて5冊目です。
さすがに間を空けて読むと登場人物を忘れてしまうなあ。

今作は恋物語とかんなちゃん鈴花ちゃんのお話が中心です。
しかしふらっと現れて全てをいい方向へ持っていっちゃう
我南人はいつもながらにずるい。
最初は60過ぎてこんな人いないだろうって思ってたんだけれども
考えてみれば矢沢栄吉も還暦を迎えたし
忌野清志郎も亡くなったときは60近かったし
ミュージシャンだったら結構いるものかも。
もちろん普通の人だって今では60なんてまだまだ元気ですよね。

早くアキさんについての話が読みたいー!
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:32 | category: サ行(小路幸也) |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:32 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links