ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 道徳という名の少年 | main | コロヨシ!! >>
# ヤングアダルト パパ
評価:
山本 幸久
角川書店(角川グループパブリッシング)

14歳の静男は二学期を目前にして保育園探しに奔走していた。
母親は離婚して再婚相手の家族と暮らし
父親は舞台監督でめったに家に戻らないため
花音さんが失踪した今、5ヶ月の優作の面倒を見られるのは静男だけなのだ。
しかしどこの保育所に行っても空きがなかったり高かったり
親と話し合いたいと言われても自分が親だとは言い出せない。
今日も優作が泣き止まず道で途方に暮れていると
幼なじみの岸本の彼女である真壁の紹介で
楠が手伝う預かり所を利用させてもらうことになった。
父さんも母さんも優作を施設に預けろと言うけれど
静男はもう家族と離れ離れにはなりたくないのだ。
撮影:本城直季 装丁:関善之for VOLARE inc.

14歳の母ならぬ14歳の父です。
しかも相手は失踪し両親は離婚していて頼れず
周りには知り合いの子だと嘘をついて
たったひとりで面倒をみなければならない。
それでも息子を手放したくはない。

14歳ってこんなにしっかりしているものなのか。
しっかりしなければならない環境に置かれているせいもあるけれど
ただでさえ育児はストレスがたまるだろうに大人すぎます。
かと思えば自分が高校生になることもイメージできていない。
とりあえず前向きな形で物語が終わっていますが
この先の苦労に対して考えが甘すぎる気がしてしょうがないです。

すべての親が自分の子供にここまでの愛情を注げればいいのに。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:21 | category: ヤ行(山本幸久) |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:21 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bouquin.jugem.jp/trackback/642
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links