ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ロスト・シンボル(下) | main | 蒲生邸事件 >>
# 白雪堂
評価:
瀧羽 麻子
角川書店(角川グループパブリッシング)

化粧水シラツユに憧れて化粧品メーカーに入社したわたしは
先輩の槙さんと一緒にシラツユのキャンペーンチームに配属される。
シラツユの生みの親であるマダムからなかなかOKが出ないが
売上データや消費者アンケートを元に説得を続けて
ついに姉妹品ユキヒメの発売企画を通すことに成功した。
イメージタレントにまだ無名だけれどユキヒメにぴったりの
ミモザを見出し起用を依頼するのだが
大手ライバル会社に持っていかれてしまう。
まさかそこから中途入社してきた同僚の成宮がスパイなのか?
そしてまだ学生である彼氏の直也とも気持ちがすれ違う日々。
カバーイラスト:あずみ虫 カバーデザイン:大武尚貴(角川書店装丁室)

化粧品メーカー新入社員が恋に仕事に奮闘するお仕事小説。
キャリア志向というよりは好きなことを一生懸命やれば
結果もちゃんとついてくる、という読みやすいストーリーです。

ユキヒメのキャンペーン結果まで読みたかったけれど
1年間で話が区切られるし
合併や先輩・同僚の辞職でうやむやになってしまった感じ。
あとなんだか成宮が男のように見えないんだよなあ。
| comments(1) | trackbacks(1) | 14:22 | category: タ行(その他) |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:22 | category: - |
コメント
マダムの美白の秘密、気になります。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
| 藍色 | 2010/12/20 1:24 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bouquin.jugem.jp/trackback/630
トラックバック
白雪堂 瀧羽麻子
基礎化粧品ライン「シラツユ」が看板ブランドの中堅化粧品会社メーカー。技術力が高くてアットホームなこの会社に就職した峰村幸子。しかし、不況の影響で売れ行きは先細る一方。ブランド力を取り戻すため、彼...
| 粋な提案 | 2010/12/20 1:21 AM |
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links