ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 終の住処 | main | 若者はみな悲しい >>
# しゃばけ

身体の弱い一太郎はこっそり夜歩きに出た帰りに
人殺しと鉢合わせしてしまった。
無事に帰ってこられたはいいものの
幼い頃から側にいる妖の仁吉と佐助にこっぴどくしかられた。
そして捕まらなかった下手人は
一太郎の薬屋に特別な薬を求めて再び現れた。
どこかおかしな雰囲気をした下手人だったが、
彼が捕えられた後も似たような薬屋を襲う事件が続く。
彼らが求めているのは何なのか。
そして若だんなが夜な夜な家を抜け出す理由とは。
装画:柴田ゆう 装丁:新潮社装丁室

身体の弱い若だんなの成長物語、かな。
菓子作りが上達しないで悩む栄吉と
身体のせいで仕事をさせてもらえずに悩む一太郎の対比と
この2人ならではの友情が好きです。
あと妖たちがユニークでかわいいです。何より仁吉がかっこいい。
ドラマでは谷原章介が演じたそうですねーなるほど。

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:40 | category: ハ行(畠中恵) |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:40 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bouquin.jugem.jp/trackback/500
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links