ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< このベッドのうえ | main | 危険な文章講座 >>
# 憑神
文武両道だが次男であるため家も継げず
婿養子先からも追い出されたとことん運のない彦四郎。
酔った頭で川原の祠に頼み込んだはいいものの
なんとそこに祭られていたのは触れてはならない邪神だった。
貧乏神、疫病神、死神。
人間の形をして訪れる彼らを前に彦四郎は
自分の武士道とは何かを省みる。

面白い!テンポがいい話です。
不運だけど邪神をも味方につけてしまうほど人のいい男。
勧善懲悪ではないけれど自分に理不尽な振る舞いをする人にも
その理由を見出して許そうとする心構えはすごい。
ラストはぐっと来ます。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:52 | category: ア行(浅田次郎) |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:52 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bouquin.jugem.jp/trackback/50
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links