ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< アイスクリン強し | main | しゃばけ >>
# 終の住処
評価:
磯崎 憲一郎
新潮社

30歳を超えて半ばあきらめるように結婚した妻だったが
どうしてこうなってしまったのかわからない。
妻の浮気を疑い、自分が浮気をし、女と別れ、
離婚を考えるが子供が生まれ、さらに浮気を繰り返したが、
ある日人生のひとつの時代が終ったことを感じた。
家を建てよう。

文芸春秋で受賞作のみ読了。
妻と十一年間口を利かないとか異常な部分はあるものの
山あり谷ありというほどでもなくいわゆる「ふつう」の人生です。

彼はどういうつもりで家を買ったのだろう。
家族に執着がありそうでもなく、
かといって家を建てて一人前、みたいな考えを持っていたわけでもなく。

| comments(0) | trackbacks(0) | 13:13 | category: ア行(その他) |
# スポンサーサイト
| - | - | 13:13 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links