ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 遠くの声に耳を澄ませて | main | 星間商事株式会社社史編纂室 >>
# フリーター、家を買う

軽い気持ちで入社3ヶ月で会社を辞めた誠治は
再就職の難しさに気づきフリーターとなって親のすねをかじっていた。
しかし母親が近所づきあいと険悪な家族がストレスでうつ病に罹る。
自分が一番可愛い父親は病状を軽く見て病院に行こうとしないが
嫁ぎ先から帰省してきた最強の姉に言いつけられ
母親の治療を始めることとなった。
いくら家庭内の雰囲気がよくなっても
今の家のままでは全快は望めないと医者に言われ、
誠治は引越しの資金をためるために
実入りのいい道路工事のバイトを続けながら就職活動に力を入れ始めた。
そしてやっと見つかった就職先で今度は誠治が人を採る立場に回る。
装丁:平川彰(幻冬舎デザイン室) 装画:トヨクラタケル

微糖。むしろ無糖でもよかったくらいです。
近所いじめ、家族の不和、うつ病、就職難と
社会問題テーマがてんこもりですが前向きな話。
みんな悪いとは思っていないのに転がり出すと落ちるのは早い。
再就職ですが就活している人はちょっと参考になるかも。
実際本屋の就職コーナーにも置いてありました。

誠治の改心ぶりが出来すぎだったりお姉さんが強すぎだったりしますが
大人のためのライトノベルだと思えば。

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:34 | category: ア行(有川浩) |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:34 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links