ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 山田商店街 | main | その向こう側 >>
# 武士道エイティーン

日舞で身につけた独特の足捌きが徒となり
膝の靭帯を痛めてしまった早苗。
しかし高校最後の公式戦で香織と戦いという思いを
周囲も汲み取ってくれて団体戦の大将戦でぶつかることに。
それぞれの進路についても悩んでいて彼女たちの成長ぶりも伺えます。
加えて
早苗の姉のモデル緑子と彼氏の巧との関係を描いた
「バスと歩道橋と留守電メッセージ」
桐谷道場の歴史が明かされる「兄、桐谷隆明」
早苗の指導者である酔っ払い吉野先生の武勇伝を綴った
「実録・百道浜決戦」
香織に反発するようになった美緒が胸のうちを語る「シュハリ!」
と番外編も織り込まれています。
イラスト:長崎訓子 デザイン:池田進吾(67)

武士道シリーズもいよいよ完結ですかね?
今回は早苗と香織がだいぶ大人になっている分
今までのはらはらした感じはなかったけれど
子どもの成長を見守る気分で読めました。
中心の2人が比較的静かな代わりに
周りの人たちのエピソードが盛り上げてくれてよかったです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 01:00 | category: ハ行(誉田哲也) |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:00 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bouquin.jugem.jp/trackback/445
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links