ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< チューバはうたう | main | 八日目の蝉 >>
# ぽろぽろドール

おとなしい少女であるわたしは
おばさんから涙を流す男の子を譲り受ける「ぽろぽろドール」
田舎の中学から出てきた私は自分の容姿を思い知り
冬馬さんによく似た人形を可愛がる「手のひらの中のやわらかな星」
家の建て替えの間おばあちゃんの家で過ごしているときに
坪内君の部屋でわたしそっくりの人形と出会う「めざめる五月」
製糸工場の下女だった私が戦後マネキンデザイナーとなり
坊ちゃんのようなマネキンを作り続ける「サナギのままで」
オークションで落とした人形の元に
前の持ち主から後悔の手紙が届く「きみのいない夜には」
事故で醜くなってしまった僕は子豚のような彼女が出来るが
秋葉原で昔の彼女によく似た人形を見つけてしまう「僕が人形と眠るまで」
イラスト:長井トモコ ブックデザイン:鈴木成一デザイン室

様々な人形とそれに対する人々の思い。
人形が登場する話って不安を誘うものが多いですよね。
やっぱり人形の中に人間を見ているからなのかなぁ。
「めざめる五月」とか「僕が人形と眠るまで」は狂気が見える。

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:50 | category: タ行(豊島ミホ) |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:50 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bouquin.jugem.jp/trackback/433
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links