ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ミッシング | main | ある日、アヒルバス >>
# 右岸
父譲りのごつい体格を受け継いだ祖父江九は
スプーン曲げなど超能力を持ちサーカスに入った。
彼の周りでは幼なじみの惣ちゃんやヤクザの父など
大切な人が次々と死んでいく。
黄色いオババの元で修行を積んだ九は
世界各国を周ってその力を人の役に立てようとした。
彼が長くいたのはパリでそこで結婚し息子を授かるが
妻ネネが事故に遭い、自分も事故で記憶を失う。
日本に戻った九はマスコミに神だと持ち上げられ
静かな生活を送るために再びサーカスに身を隠す。
彼の波乱万丈な人生には常に幼なじみの茉莉の存在があった。
装丁:新妻久典 写真:澁谷征司

超能力と自分の体に生涯困惑し続ける九。
こんなスーパーナチュラルな話だとは思ってなかった…
愛はどこに存在するのか問いかけてくるけれど
特殊な設定のせいかいまいち消化しきれず。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:32 | category: タ行(辻仁成) |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:32 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links