ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 四とそれ以上の国 | main | オリンピックの身代金 >>
# 手
評価:
山崎 ナオコーラ
文藝春秋
昔からおじさんとばかりおつき合いしてきた。
笑顔だけじゃなく、日常のふとしたしぐさも、
疲れた感じも、だぶついた首筋も全部好きだ。
今は上司である58歳の大河内さんとデートをしている。
コンサートに行ったりご飯に行ったり、
社会のいろいろなことを教えてくれるおじさんが好きだ。
けれど妹ばかりに愛情を注いできた父は好きでない。
そして恋人ではないけれどもうすぐ会社を辞める
27歳の森さんともつき合っている。
恋っていったいなんだろう。
装丁:町口覚 カバー写真:元田敬三

「ハッピーおじさんコレクション」見てみたい。
おじさん好きは屈折したファザコンなのか。
客観的な視点がちょっと冷笑的で面白い。
サイトを消した彼女はこれからどこに向かっていくのだろう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:48 | category: ヤ行(山崎ナオコーラ) |
# スポンサーサイト
| - | - | 18:48 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bouquin.jugem.jp/trackback/329
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links