ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 七つの海を照らす星 | main | 川の光 >>
# うつくしい人
会社を辞めてホテルにリゾートに来てしまった。親の金で。
引きこもりで世間を知らない姉のようにはなりたくなかったのに。
ホテルに着いても周りの目が気になってばかりだ。
しかし雇われバーテンの坂崎の駄目さと
ドイツから来たマティアスのマザコンっぷりを前に
他人の目を気にしない私になれる気がした。
そもそも私は誰の目を気にしていたのか。
写真:大橋愛 装丁:大久保伸子

本を置きに行く部屋、というのに興味がわきました。
求めるだけでなく置いてくることの必要性を表すための本。
蒔田は姉へのコンプレックスを置いていくことが出来たのか。
そして代わりに何かを得ることが出来たのか。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:27 | category: ナ行(西加奈子) |
# スポンサーサイト
| - | - | 19:27 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links