ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< モダンタイムス | main | 海の底 >>
# カフーを待ちわびて
与那喜島で生まれ育った明青のもとに一通の手紙が届く。
それはリゾート化計画のための視察先に冗談で残した絵馬への返事だった。
「嫁に来ないか。幸せにします」
半信半疑で愛犬カフーと共に差出人を待ちわびていると
幸と名乗るちゅらさんが現れた。
昼は雑貨店を営み、夜は裏のおばあの家で食事を取るという
気楽で楽しい生活であったが
リゾート化賛成派の強引な進め方やおばあの健康状態など問題が続出。
その中で幸の大切さを思い知り本当に結婚を考えた明青だったが
友人の渡から思わぬことを知らされる。
装丁:ストア・インク 写真:長野陽一
協力:内藤孝宏(方南ぐみ)DTP:平岡省三

海風さわやかで心が温まるラブストーリーです。
心の中で数を唱えることで
いろいろなことをやり過ごしてきた明青の処世術が
なんとももどかしい。
どの登場人物の気持ちも共感できると思います。
明青も幸もおばあも、渡や俊一にも。

原田宗典さんの妹さんだそうでびっくりしました。
中学校の頃よくエッセイ読んで笑ってたなぁ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:01 | category: ハ行(原田マハ) |
# スポンサーサイト
| - | - | 18:01 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bouquin.jugem.jp/trackback/252
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links