ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ノルウェイの森 | main | 夜の光 >>
# 塩の街
評価:
有川 浩
メディアワークス
それは隕石と共に訪れた。人々が突然塩になってしまう「塩害」。
被害の大きな所は完全なる無法地帯となり、
真奈も秋庭に拾われなければ生きていけなかっただろう。
配給を受けてひっそりと、少しの人と関わりながら暮らしていると
突然秋庭の知り合いがテロの計画を持ちかけてやって来た。
今までずっと2人でいたから気にしていなかったけれど
真奈は秋庭のことを何も知らなかった。名前すら。
自分が秋庭の重荷になっていることを痛感し
自分の気持ちを伝えなければならないと決心した真奈。
しかし秋庭は生死をかけたミッションに挑もうとしていた。
装丁・デザイン:鎌部善彦

やっぱりデビュー作からラブコメアクションだったのですね。
スピンオフの作品もたくさん収録してあって面白いです。
死と隣り合わせの生活だからこそ
自分のそのときの望みを前に出すことができたのだろうと。

「わがままかもしれないけど、身勝手かもしれないけど―俺たちが恋人同士になるために、世界はこんな異変を起こしたんじゃないかって、そう思うんだよ。」
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:50 | category: ア行(有川浩) |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:50 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bouquin.jugem.jp/trackback/234
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links