ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< かなえられない恋のために | main | 波打ち際の蛍 >>
# 異邦人
養老院で暮らしていた母の死の翌日
海水浴に行ってガールフレンドと出会い、
隣人が女と縁を切るのを手伝い
報復に訪れたアラビア人をピストルで撃ち殺したムルソー。
愛も情も欠落しているとされた彼は
裁判所で死刑を言い渡される。
カバー:中尾進 デザイン:新潮社装丁室
(旧版なので画像とは異なる)

坦々としすぎていて読んでいるうちに
何が正しいのかがわからなくなってくる。
確かにムルソーは人間としての情に欠けているけれど
裁判所の人たちの一方的な判断もいいのかどうか。
でも殺人犯で反省の色もないとなったら実際
こういう見方をするのだろうなぁ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:26 | category: 外国 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:26 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links