ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 王妃の館 | main | 食堂かたつむり >>
# とりつくしま
「そう、なんでもいいんですよ。思いついたモノを言ってごらんなさい。モノになって、もう一度、この世を体験することができるのです。あなたは、それを望んでいるはずです。ただし、生きているモノはダメですよ。生きているモノには魂の先住民がいますからね。まあ、無理にとは言いませんが」
とりつくしま係はこの世に未練のある人にとりつくしまを与える。
マグカップ、扇子、名札、日記。この世に戻った人たちが見たものは。

あとがきでIf I were a bird, I could fly to you.という例文があるけど
to youなんてロマンチックな要素あったっけ?笑
少なくとも私が覚えたのにはなかった気が。

突飛な発想ではないけれどあたたかい話です。
とりつく人たちがなんで死んじゃったのかが気になる。
「白檀」の報われない静かな恋が好きです。
番外編はなんのエピソードだったのかなぁ。元祖?
| comments(1) | trackbacks(1) | 10:31 | category: ハ行(その他) |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:31 | category: - |
コメント
ほんわかと温かい気持ちになれるお話しでした。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
| 藍色 | 2010/10/22 5:18 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bouquin.jugem.jp/trackback/110
トラックバック
とりつくしま 東直子
あなたは何に「とりつき」ますか?。死んでしまったあなたに、係が問いかけます。 そして妻は夫のマグカップに、弟子は先生の扇子に、なりま...
| 粋な提案 | 2010/10/22 5:14 PM |
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links