ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 去年はいい年になるだろう
2001年9月11日、ワールドトレードセンターが崩壊する映像の直後に
画面の中に現れたのはガーディアンと名乗る美女だった。
彼らはこれから起こる事故や自然災害、戦争を防ぎ
人間を保護するために24世紀からやって来たと言うのだ。
歴史を1年ごとに遡ってはその時代に10年滞在し、また次の年へ向かう彼らは
その経験から我々の反発を見事に抑え込んだかのように見えた。
さらにSF作家の私の元には広報活動のため
カイラという名のアンドロイドが訪ねてきた。
未来の私のメッセージや小説を持って。
未来の私が書いた物を自分の作品として発表してもよいものか、
悩んだ結果編集者に相談してみるが
考えることは誰も似ているようですでに未来の作品で
出版計画は満杯になってしまい仕事がなくなってしまった。
ただでさえガーディアンの出現でSFのアイディアが限られてしまったというのに。
家計は苦しくなり、カイラと私の仲を疑って夫婦仲も険悪に。
彼らは人間を保護するためにやって来たと言うが、
犠牲となる個人が未来とは変更されただけではないのか。
装丁:多田和博 カバーイラスト:西口司郎
カバー写真:アフロ

著者を主人公としたノンフィクション風SFです。
人間を救うことを生きがいとして未来からやってきたアンドロイドに対して
2001年の人々はどのように行動するのか。

実在の人物や出来事も多く登場するので、
「「そのまんま東が宮崎県知事になる」というのはどうだろう。
 ギャグっぽいが微妙にリアルで、判断に困る。」のような
未来の自分が教える出来事を信じられない私、という
ユーモアのあるシーンも多いです。
山本さんのプロフィールや作品を知っていればより楽しめそう。
しかし実際の奥さんと不仲になってしまった場面や
精神を病んだ未来の自分など厳しい描写も多く
よく自分を主人公として客観的に書けたな、と感じます。

パラレルワールドの不毛さと人間の愚かさが浮き彫りになった作品。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:07 | category: ヤ行(その他) |
# 学問
評価:
山田 詠美
新潮社

美流間に引っ越してきたてで7歳だった仁美は
裏山でおもらしをしてしまった所を男の子に見られてしまいました。
それがテンちゃんでした。
坊主頭で貧乏でどこも格好いいところはないのに
大人も子供もテンちゃんを構うのです。
なぜか仁美はテンちゃんに気に入られ、
同じ社宅に住む眠たがりの千穂と医者の息子で食いしん坊の無量と
いつも4人で過ごすようになりました。
この頃仁美は誰にも知られないお楽しみを発見したのです。

5年生になると仁美が通い始めた英語塾にテンちゃんも興味を持ち
高見先生の書庫の整理をしながら英語を学び始めます。
大橋素子が無量にラブレターを送ったのもこの時期です。
そして仁美たち4人は「幸せな夜の夫婦の営み」について知ります。

中学2年生にもなれば性の知識もついてきますが
仁美は自分の「儀式」の方がよほど高尚なものだと考えます。
千穂の家族は東京へ転勤が決まってしまいます。

そして高校2年生。仁美は美術部の多田先輩と付き合い始め
初体験も済ませますが、千穂がテンちゃんと一度したと聞いて
大きなショックを受けます。
しかし千穂はそれは美流間との鎖を断ち切るためだったと言うのです。
仁美は自分がテンちゃんとどうなりたいのかを考えます。
装画:波多野光 装丁:新潮社装丁室

田舎に暮らす子供たちの性に対する意識の移り変わり。
仁美が自分にとってずっと一つ上の存在だったテンちゃんを
最後は母のような視点で見ているところに成長を感じました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:26 | category: ヤ行(その他) |
# 岸辺の旅
評価:
湯本 香樹実
文藝春秋

しらたまを作っていると突然行方不明だった夫の優介が帰ってきた。
三年ぶりの彼は自分は海の底で蟹に喰われてしまったのだと言う。
次の日になってもまだいた彼は
ここに戻ってくるまでに通った道を辿ろうと私を連れ出す。
小さな新聞屋、夫婦で営む中華料理店、タバコ畑。
お世話になったところを回りながら
優介のことと優介がいなかったときのことを考える。
装画:相原求一朗「石狩川の午後」
装丁:坂川栄治+田中久子(坂川事務所)

やっぱり湯本さんの根幹にあるのは死への想いなのかなあ。
行方不明だった夫が自分は死んだと言いながら帰ってきます。
彼の他にも死んだ後もこの世界に留まっている人がいるみたいで
自分が死んだことに気づいていなかったり
奥さんを連れまわしていたり
その行動はさまざまだけどやっぱりみな心残りがある。

タイトルの通り全体を通して水音が聞こえてきそうです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:17 | category: ヤ行(その他) |
# 運命の人(三)
一審は初公判から一年余りで審議され、
三木は執行猶予、弓成は無罪を勝ち取った。
しかし判決の直後に三木の手記が発表され
弓成は毎朝新聞を辞めて父の青果家業を継ぐことにした。
弓成と別居した由里子は自宅で英語塾を始めて自立を目論む。
続く高裁ではまさかの逆転有罪、
弓成たちは最高裁へ控訴したが上告棄却され
青果業も業績が悪化、途方に暮れる弓成であった。
装丁:石崎健太郎

裁判に焦点を当てているから時の流れがあっという間で
物語に置いて行かれがちになってしまいます。
気づいたら新しい仕事に着いていたり
周りの人が亡くなっていたりする。
この巻で面白いのはやはり三木の変貌ぶりではないか。
余計なことを言わないように粛々としていたのが
可哀相な自分をアピールすべくどんどんマスコミに露出していく。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:34 | category: ヤ行(その他) |
# 運命の人(二)
任意出頭のつもりで事情聴取を受けに警視庁を訪れた弓成は
突然逮捕状をつきつけられて拘留された。
新聞各社はこれを知る権利を侵す不当逮捕だとして
不屈キャンペーンを張り、毎朝新聞の弁護団により
弓成は釈放されて裁判で争うこととなった。
しかし検察の発表した起訴状に
弓成と三木が男女の関係にあったことに言及し
知る権利の主張で不利となった状況を
不倫関係の暴露によって覆そうとしたものであった。
弓成に泣きつかれたのだと証言する憔悴しきった三木に対して、
弓成は過去に関係があったことは認めるが
今回の秘密文書の持ち出し時期にはもう終わっていたと主張する。
そんな世論の中で始まった裁判で外務省は秘密主義を貫き
国家権力の前での個人の無力を思い知る。
装丁:石崎健太郎

いよいよ事件の経緯が明らかとなり裁判が始まります。
国民の知る権利を全面に押し出す新聞社に対して
男女間のスキャンダルで煙に巻こうとするやり方は
有効かもしれないけれど品位を疑います。
そんなこと言っている場合ではないのだろうけれど。
これで弓成がもっと真摯に振る舞えば同情票も取れただろうに
一貫して不遜な態度を取り続けるからどちらも感情移入できない。
やはりかわいそうなのは奥さんだなあ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:20 | category: ヤ行(その他) |
# 運命の人(一)
毎朝新聞政治部キャップの弓成は経済担当審議官の安西や
大物議員の小平などと太いパイプを持っており
特ダネをばんばん上げるなど自らの仕事に自信を持ち
現在はアメリカの沖縄返還について取材をしている。
ライバル紙の旭日新聞に沖縄返還協定の草案全文をすっぱ抜かれ
悔しい思いをした弓成は起死回生を狙い、
安西の部下である三木事務官から入手した外務省の極秘電信文を
ニュースソースを秘匿しつつどう公表するか悩んでいた。
しかし電信文の存在を隠したままの記事では読者の反応を得られず
その文章が欲しいという野党議員にうっかり渡したところ
衆議院予算委員会で現物が晒されてしまい
機密文書漏洩の犯人探しが始まった。
装丁:石崎健太郎

毎日新聞の西山事件をモデルとしたフィクションです。
政府が隠していることをどう人々に訴えるか。
新聞記者という仕事のハードさを垣間見ることができます。
取材する側もされる側もしたたかだなあ。
まだまだ事件の導入編なので続きを読んでまた。
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:33 | category: ヤ行(その他) |
# 少年鉄人
欲しかったフィギュアを買うお金を奪い取られた小六の太一を
助けようと相手に殴られた少年は転校生の鉄人だった。
クラスの王様だった和真や頭脳派の義之、女子のリーダー千秋と
半ば強引に友達になった不思議な魅力のある鉄人は、
仲間のしるしとして彼の秘密である仙人を4人に紹介した。
仙人からのアドバイスで強さを取り戻しに向かった太一は
千秋に恋する義之と共に何故か一緒に喧嘩を教わることになる。
一方鉄人と和真は町を騒がせる通り魔犯を捕まえようとする
たこ焼き屋の忍者さんや彼の仲間たちと共に犯人探しに奔走する。
義之が喧嘩を習う理由とは、そして通り魔の犯人とは。
カバー写真:amanaimages
装丁・本文デザイン:松崎理(yd)

「やれることを放棄するな」を信条とした小六男子が
周りの大人も子供も巻き込んで世界を変えようとする話。
前作よりも話が身近になっていて馴染みやすいです。
鉄人の社交性には突っ込みどころ満載ですが
子供の冒険譚(にしては内容が重いけど)としてひきつけられます。
私の中で鉄人のイメージはワンピースのルフィ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:30 | category: ヤ行(その他) |
# 詩羽のいる街
評価:
山本 弘
角川グループパブリッシング

漫画家志望だがネームが通らずベンチで落ち込んでいた僕を
デートに誘ったのが詩羽だった。
家庭菜園のネギを貰い、おばあちゃんから映画のチケットを貰い、
古本屋で配達を引き受け、エコランチの店に行き、
図書館で無音で映画を見て、お茶ついでにパソコンの修理をし、
株で儲けた男の家でご飯を作り、自費出版の仲介をする女性を訪ねる。
街の人の橋渡しをしてみんなを幸せにするのが詩羽の仕事だ。
「それ自身は変化することなく」
あたしが自殺しようとした瞬間詩羽に見つかった。
自殺を止めない彼女はもっと楽に死ねる薬を用意するといい
それまでお笑いを見たり流星群観測に行ったり連れまわされる。
「ジーン・ケリーのように」
俺は露見するような犯罪はしない。
ネットカフェから掲示板やブログを炎上させ
図書館の本を切り取りカップめんの底に穴を開ける。
いつも通りに帰宅するとそこには夕飯を作る見知らぬ女がいた。
その日から無償で親切にされる地獄が始まった。
「恐ろしい「ありがとう」」
人気アニメ『ガールズ・テリトリー』の舞台となった賀来野市で
街を挙げてのイベントが行われることになった。
詩羽の噂を聞いた私はオリエンテーリングを周りながら彼女を探すが
誰に聞いてもそんな人は知らないという。
「今、燃えている炎」
装画:徒花スクモ 装丁:西村弘美(角川書店装丁室)

装画が徒花さんだからかもしれないけれど
図書館戦争と似た雰囲気です。理想的でいい意味で偽善的な話。
詩羽が感情的でなく論理的に動いているのに好感が持てます。
最後まで詩羽の素性が明かされないのが気になりますが
どうして秘密のままなのかという説明で納得すべきかなあ。

「金は本来、この社会で生きていくための手段だ。目的じゃない。でも、詩羽は金以外の手段で生きていける。だから金を持たない・・・・・・。そう考えると、自分のやってることが何なのか、客観的に見えるようになってきた。株で儲けるのは楽しい。でも、俺にとって金は目的じゃない。生きてくのに必要な金はもう十分にある。株自体が生きがいなんだ。」

たくさんある参考文献も気になります。
ぎすぎすした生活に疲れたときに。

| comments(0) | trackbacks(0) | 12:26 | category: ヤ行(その他) |
# 屋上ミサイル

アメリカの大統領がテロリストに拉致された上に
日本へのミサイル発射予告が発表されたけれど
私たちはどうせラストには助かるのだろうと信じていた。
それよりも大切なのは身の回りの安全だ。
美術の課題のために屋上へ向かったわたしは
高校で一番偉そうな国重と
一年後の告白のために口をつぐんだ沢木、
人殺しだと噂される一年の平原の4人で屋上部を結成した。
活動目的である屋上の平和を守るため、
拾った死体の写真と拳銃の落とし主を探し、
トンネル内で罪深い人間に罰を与える罰神様を確認し、
バンド少年である弟の喧嘩の原因を探り、
沢木が恋する宮瀬さんをストーカーから守り、
礼儀正しい殺し屋から逃げ、絵画詐欺の首謀者をつきとめ、
誘拐された宮瀬さんを救いにドラッグパーティーに乗り込む。
装画:ケッソクヒデキ 装丁:松崎理(yd)

第7回このミス大賞受賞作。
選評にもあるとおり伊坂っぽい言い回しが多いです。
妙に達観した人が多いというか事実に理由を求めない感じ。
屋上部が関わってきたことが収束していくのは小気味いいです。
御都合主義かもしれませんがこういう殺伐とした状況下なら
何があってもおかしくないと思わせる力がある。

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:31 | category: ヤ行(その他) |
# プラ・バロック

機捜のクロハが冷凍コンテナで発見したのは凍死した14人の遺体だった。
その後別のコンテナからさらに6人分の遺体が見つかった。
警察には彼ら1人1人からの遺書がメールで届いており
そこには謎の数字データが添付されていた。
悩んだクロハは唯一の肉親である姉や仮想空間での知り合いにヒントを求める。
そんな中遺書と遺体の身元調査を行った結果
生存者を割り出すことに成功、接触を試みた。
自殺者たちの意図は何なのか、先導した人物がいるのか。
装丁・写真:泉沢光雄

女刑事ものです。
自殺の目的にしては弱いんじゃないかなあと思いましたが
集団の促進効果について触れている部分を読んでなるほどと思いました。
しかし広いネットの中にこんなにも
事件関係者が終結しているのは都合がいいなぁ…

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:10 | category: ヤ行(その他) |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links