ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 刻まれない明日
『道の意思』を感じ取りながら全国を歩く歩行技師と知り合い
沙弓は自分が失ったこの街での記憶を取り戻す決意をする
「序章 歩く人」
図書館で働く藤森さんは十年前の事件で消えてしまった第五分館の貸し出し記録を
関係者に伝える「担当者」を務める西山係長の仕事を興味深く感じる
「第一章 第五分館だより」
小さな頃から鐘の音が聞こえていた駿は「共鳴士」を目指す居留地の少女・鈴と共に
鐘の音が歪んでいる原因を探るべく谷本鋳物工房を訪ねる
「第二章 隔ての鐘」
バスの運転手の夫と共にこの世界での左手を失った持田さんは
走るはずのないバスの光を見ながら紙飛行機を飛ばし続け坂口さんと出会う
「第三章 紙ひこうき」
高校を中退した宏至が倉庫番をしながら裏通りで奏琴を引いていると
その音に惹かれて登校拒否中の若菜に声をかけられる
「第四章 飛蝶」
街の下に違法蓄積された余剰思念を制御する代償として
誰からも顔を覚えられないという後遺症を持った黒田さんは
彼を慕う供給管理公社の梨田さんを突き放す
「第五章 光のしるべ」
二年の時を経て再び街を訪れた幡谷さんは
再開発された「ひかり大通り」を歩きながら街の人々の声を聞く
「新たな序章 つながる道」
装丁:松田行正+日向麻梨子
写真:佐藤信太郎『非常階段東京』(青幻舎刊)

街のある地域にいた人々が突然消えてしまってから十年、
消えたはずの人によるラジオ局への投稿や図書館の利用記録も少なくなり
残された人々は新しい人生を歩もうとする。

第四章までは大切な人を失った人たちが
新しく大切な人を見つけていく再生の物語です。
第五章でこの不思議な現象が何故起こったのかが明らかにされます。

この本だけでも楽しめますが他の三崎作品と同じ世界なので
他の作品も詠んでいればどんどんこの街が立体的になると思います。
特に『失われた町』は第五章で触れられているように
似たような現象が起こるので必読。
居留地について知りたければ『コロヨシ!!!』がいいし
動物園のヒノヤマホウオウも「動物園」(『バスジャック』)を読んでいればにやりとしますよ。
| comments(1) | trackbacks(1) | 19:37 | category: マ行(三崎亜記) |
# バスジャック
妻が出産で実家に帰っている間に近所のおばさんから言われて
訳もわからないまま二回扉をつけようとすると
電話帳のどの業者にかけても同じ人間が派遣されてくる
「二回扉をつけてください」
交通事故で両親をなくした僕は丘の上から自分の家を眺めると
昔の一家団欒の様子が見えることに気づく
「しあわせな光」
彼女との記憶のズレが日に日にひどくなっていく、
しかし出会いの記憶さえあっていれば一緒に生きていける
「二人の記憶」
先頭担当のシテ、後部担当のツレ、火薬担当の地謡、
チェック役の後見の4人によるバスジャックがルール化され
乗客やテレビ視聴者はそれを楽しむのがブームとなっている
「バスジャック」
雨の夜に突然訪れたのは
僕の部屋を図書館だと思っている女性だった
「雨降る夜に」
珍しい動物を見せたいが予算がない、
そんな動物園の弱みにつけこんだ商売をする私たちは
動物のいる空間を演出し、「観せる」ことを仕事にする
「動物園」
突然家を出た母を追った麻美が辿りついたのは
冷たくて動かない人と日々を過ごす人々の暮らす
「つつみが浜ヴィレッヂ」だった
「送りの夏」
カバー写真:高橋和海 ブックデザイン:鈴木成一デザイン室

「動物園」だけ既読。不思議な設定の世界がつまった短編集です。
表題作は役割分担やペナルティが決められたバスジャックがブームとなり
まるでスポーツ感覚で皆が行っているという設定。
『コロヨシ!!』しかりルールのないところにルールを定めて
形式化することが好きな人なのかなあ。

「送りの夏」は4組のエピソードをもっと膨らませて
長編にして読みたいです。
お母さんが直樹さんを送れるところまで。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:43 | category: マ行(三崎亜記) |
# コロヨシ!!
評価:
三崎 亜記
角川書店(角川グループパブリッシング)

敷舞台といわれるフィールドの中で、長物を用い、
塵芥を回収し競う<掃除>は国家管理局の監視下に置かれ
高校生にしか許されていないスポーツだ。
小さな頃祖父から掃除を教えてもらった樹は
親に隠れて練習を続け今では自治区大会で優勝するほどの腕前だ。
しかし州大会で政府直轄校の生徒たちの掃除を見せつけられ
自分の掃除を見失いスランプに陥る。
そんな樹を奮い立たせたのは
掃除を知らないと軽んじられていた寺西顧問だった。
合宿中に彼から特別訓練を受けた樹は自分の掃除の未熟さを知り、
自分にしかできない掃除を試行錯誤していく。
さらに顧問は新入生の偲を突然試合に出場させた。
居留地の出身である彼女は正確さには長けているが
舞いとしての魅せる要素が欠けていた。
長物を持つことを禁じられている間に他の部活の動きを取り入れた樹は
伝説のPURE・TRADE「緑香双樹」のゾーンで、
異邦郭にある練習場で、偲と足りないところを教え合いながら特訓に励む。
冬の州大会で2人はその成果を発揮して
直轄校に転校した親友の大介と共に全国大会進出を決めた。
そして全国大会へと向けた顧問と3人の合宿で樹は掃除の過去と未来を知る。
カバー・イラストレーション:いぬんこ カバー協力:紙舗直
ブックデザイン:鈴木成一デザイン室

長物を自在に操って敷舞台の上に散らせた塵芥を
美しくダイナミックに腰の寄席袋に回収する競技、掃除。
国の監視下にあり高校生しかできないこのスポーツにのめりこむ
青春小説です。『武士道シックスティーン』が好きな人はきっと好き。
子供の頃から作りあげた自己流の型から抜け出せない樹と
勝負のために叩き込まれてきたため遊び心のない偲が
お互いを高めあうところとかそっくりです。顧問は安西先生を思い出す。
さらに『失われた町』から続くこの世界観が
ただのスポ根小説では終わらせません。

なかなかボリュームがありますが気になるところはまだたくさん。
召喚部の活動とか主将が二重人格である理由とか。
特に梨奈の父親から渡された鍵の意味なんて
明らかに伏線じゃないですか!これは続編を期待してもいいのかな。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:50 | category: マ行(三崎亜記) |
# 失われた町

半年間の回収員に任命された茜が
家族を皆失った中西さんの営む小さなペンションを訪ねる
「風待ちの丘」
特別汚染対象者として管理局に勤める桂子さんが
公園でカメラマンの脇坂と出会う
「澪引きの海」
特別汚染対象者を発見して回収を免除された茜が
消滅した月ヶ瀬の町を描く免失者の和宏と
中西さんのペンション「風待ち亭」で働くことにする
「鈍の月映え」
出産のために実家の月ヶ瀬に帰っていた「別体」の妻を失い
古楽器の『再魂』を行う妻の「本体」の消滅を迎える
「終の響い」
脇坂を見つけて「澪引き」を得るために
桂子さんが喫茶店のマスターと共に居留地を彷徨う
「艫取りの呼び音」
高校の頃美しく知的な由佳と恋人のふりをしていた勇治が
管理局で消滅の対策を最優先とする由佳に何度も裏切られる
「隔絶の光跡」
自分が特別汚染対象者だと告げられたのぞみが
自分の中にある「町」を見に家を出る
「壺中の希望」
町の消滅を防ぐ人びとの長く静かな戦い。
装画:野田あい 装丁:大久保伸子

この世界観はすごい。
三十年に一度町が人びとに働きかけてある日突然消してしまう。
住人は自分が消えることを誰にも伝えられず、
涙を流すことも許されず、受け容れることしか出来ない。
消滅の瞬間町にいなければ周りの人を巻き込んだり記憶を失ったりする。
そして消滅した町に関連するものに関われば
視力を失い、身体の感覚が変化する。
残された人間も町の消滅を悲しめば彼らもまた町に連れて行かれる。

穢れとされる町の消滅に関わってしまった人たちが
多くのものを犠牲にして次なる町の消滅を食い止めようとする。
彼らは命は理不尽に奪われるものであると痛感し
一瞬一瞬を切実に生きていく。

ナウシカをイメージしながら読みました。
消滅汚染が腐海の毒、のような感じ。
対策のしようのない巨大なものに向き合っているところとか。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:54 | category: マ行(三崎亜記) |
# 廃墟建築士
事件発生率の大きい七階を撤去する通達が出た。
七階に住む私は特別こだわりもなかったが
同僚の並川さんに連れられて七階護持闘争に参加することに。
――「七階闘争」
連鎖廃墟に魅せられた私は日本の廃墟建築のパイオニアとなった。
時間をかけてじっくりと廃墟を作り上げる私とは異なり
弟子の鶴崎は廃墟ビジネスを次々と成功させていく。
――「廃墟建築士」
私は図書館の夜間開館に向けて調教を依頼された。
図書館の野性に従い縦横無尽に飛び回る本たち。
しかし館長や図書館員の高畑は図書館の野性をなめていた。
――「図書館」
守り続けることを使命とする蔵と蔵守。
ある日蔵には自己以外の意識が芽生え、
蔵守の元には見習いの女性がやってきた。
――「蔵守」

どの話も設定勝ちです。普通とはずれた発想が面白い。
七階以外は主人公が職人気質で渋いなあ。
廃墟建築は最近の廃墟ブームにあやかったのか。
「図書館」が一番好きだし見てみたいです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:55 | category: マ行(三崎亜記) |
# 鼓笛隊の襲来
戦後最大規模の鼓笛隊が襲来。
私が持っていた物が並べられている彼女の痕跡展。
まったくの別人格となれる覆面社員。
人助けをして一躍人気者となった象さんすべり台。
国に管理されているボタンのある女。
構造が不安定な欠陥住宅。
隣の浮遊都市に住む彼氏との遠距離恋愛。
そこにいるのにいないものとして扱われる女の子。
5年前に突然姿を消してしまった電車。
ブックデザイン:松昭教 イラスト:まつあきのり

「となり町戦争」が合わなくて敬遠していたのですが
この短編集は面白い!少しずれた日常にどきっとします。
表題作が一番好き。「遠距離・恋愛」は有川浩の香りがしました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:05 | category: マ行(三崎亜記) |
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links