ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 沈底魚
評価:
曽根 圭介
講談社

警視庁外事二課で中国と北朝鮮を担当している私は
現職の国会議員の中に「マクベス」と呼ばれる
中国のスパイがいるという案件を調査することとなった。
異動してきた女理事官の凸井や五味一家、無口な若林ら
食えない面々ばかりの捜査本部で不可解なことが次々起こる。
五味のSだった「肉まん」が姿を消し
若林が中国大使館員と通じていると知らされ
同級生で人気議員の秘書を勤める真理もまた姿を消した。
一度はマクベス捜査班から外されるが
代わりに取調べを担当した亡命希望者の劉が真理の失踪に
関連があると知った私はマクベスの存在を疑い始める。
そのことを凸井に告げると彼女はそれに気づいた上で
北京から情報を引き出そうとしているのだと話した。
そのため劉を匿っていることも伏せていたのだが
劉が行方不明となり一緒にいた五味が刺されて重態に。
私は中国のスパイだと疑われて自宅待機を命じられてしまう。
不服に思っていると若林が失踪したという連絡が入った。
監視の目をかいくぐって若林を探しにいく帰りに何者かに襲われる。
装丁:多田和博 カバー写真:getty images+Field work

第53回江戸川乱歩賞受賞作。
現職国会議員の中国スパイを見つけ出そうと公安が奮闘する
かなり手の込んだサスペンスです。
誰がスパイで誰が信じられるのか。
警察上層部はいったい何を考えているのか。
二転三転していくストーリーに頭の中はごちゃごちゃでした。
特に中国人の名前やコードネームが覚えられない・・・

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:58 | category: サ行(曽根圭介) |
# 図地反転
幼い頃妹を殺された研志は警察官となって
現在女児殺害事件を捜査していた。
すると捜査中に元刑事だと名乗る男が接触してきて
この事件と研志の妹の事件は同じ犯人だと告げる。
しかしどちらの事件ももう犯人は捕まっているはずであった。
一方アパートの管理人をする幸八郎は
最近入居した望月という男が女児殺害事件の前科者だと知り
一度はアパートから追い払った。
しかし望月に発作で倒れたところを助けられてから
彼の無罪を訴える会に参加するようになる。
装丁:多田和博 カバー写真:田中和枝+アスフォート

人間の記憶はあやふやであり思い込みや外からの情報で
簡単に書き換えられてしまうものである。
だとしたら目撃証言はどこまで信用してよいのだろうか。
目撃者だけでなく研志自身も記憶の変容に気付くところがよかった。
ただ真犯人の処理が適当なので残念です。
タイトル通りの大どんでん返しを期待していたので肩透かし。
| comments(2) | trackbacks(0) | 23:46 | category: サ行(曽根圭介) |
# 鼻

自分の株価を上げるためにダメ兄の株を売ると
インサイダー取引だと告発され、そこから転落していく「暴落」
気づいたらビルの間に手錠でつながれていて、
助けを求めた女も少年も紳士も当てにならない「受難」
テングをブタに変えるモグリの医師を名乗る男と
少女行方不明事件を捜査する刑事の「鼻」
カバーイラスト:磯良一 カバーデザイン:大武尚貴

夏だからホラー、と思ったけれど特に夏向けではなかったです。
受賞作「鼻」は構成がすごい。
全然かみ合わない2人の話がパラレルだと思ったけれど
そんな繋がり方をしていたなんて。
恥ずかしながら水割りとオレンジジュースを出すまで気づきませんでした。
文体だけでは人を判断できないのね…

| comments(0) | trackbacks(0) | 12:12 | category: サ行(曽根圭介) |
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links