ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# かのこちゃんとマドレーヌ夫人
マドレーヌ夫人がかのこちゃんの元へやってきたのは雷の鳴る日だった。
玄三郎の小屋に逃げ込んだマドレーヌ夫人は
猫にとっては外国語のはずの玄三郎の言葉を解し、
2人は夫婦として暮らすようになる。
マドレーヌ夫人は猫の集会所に行っては猫たちの悩みを聞き
玄三郎の力を借りたり不思議な夢を見たりしてそれらを解決する。
一方小学校にあがったばかりのかのこちゃんは
すずちゃんという「刎頚の友」を得て元気いっぱいに過ごしていた。
しかしその秋はかのこちゃんにとって別れの季節となった。
すずちゃんが外国に転校することとなり、玄三郎には癌が見つかった。
かのこちゃんに恩返しをしようと考えたマドレーヌ夫人は
再び不思議な夢の中へと飛び込んでいくのだった。

新書という装丁の味気なさがもったいない作品です。
小学校1年生になったばかりの疑問でいっぱいのかのこちゃんと
猫のマドレーヌ夫人・犬の玄三郎夫妻の温かいお話。
実際に小学校に取材に行かれたそうで
小学生ならではの無邪気さや奇天烈さが生き生きと描かれています。
難しそうな言葉をどれだけ知っているかで競ったり
大人のお茶会を演出しようと語尾にござるをつけてみたり
乳歯が抜けることを得意に思ったり。

そういった子どもたちも魅力的ですが
やっぱりいいのは種を超えた夫婦愛ですね。
玄三郎さんの優しさに何度も涙をこらえました。

そしてかのこちゃんのお父さんってもしかして鹿男?
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:20 | category: マ行(万城目学) |
# ホルモー六景
玄武組の二人静の一方に彼氏ができる「鴨川(小)ホルモー」
凡ちゃんがバイト先の男の子と自転車デートをする「ローマ風の休日」
電車で見かけた女子学生に恋文を渡す「もっちゃん」
芦屋の元カノである巴がホルモーに触れる「同志社大学黄竜陣」
玄武組と朱雀団の元会長が丸の内の合コンで再会する「丸の内サミット」
貧乏学生の珠実がバイト先の料亭で時を越えた文通をする「長持の恋」
鴨川ホルモー番外編の全6編。
イラストレーション:石居麻耶 デザイン:岩瀬聡

スピンアウトにしてはほとんど関係ない話もあって
もっと鴨川ホルモーに近い世界の方がよかったです。
個人的には双子の話が読みたかったなぁ。
「もっちゃん」は結構大胆な設定だと思う。
珠実が働く料亭って鹿男に出てくる所ですよね?
作品を超えた伏線が張ってあるとわくわくします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:36 | category: マ行(万城目学) |
# プリンセス・トヨトミ
会計検査院の鬼の松平は部下のミラクル鳥居と
ゲーンズブール旭を連れて大阪の検査に向かった。
社団法人OJOという実態不明の組織と連絡がつかず
墓参りも兼ねて大阪に残った松平が案内されたのは大阪城だった。
一方大阪の中学校に通う大輔はセーラー服デビューを果たした。
自分が男であることに違和感を持つ大輔を
幼なじみの茶子は全力で守った。
たとえ相手が暴力団長の息子だったとしても。
そして茶子が鳥居の連絡によって警察に拘束されたとき
大阪城は赤く染まり、ひょうたんが並べられ、大阪は停止した。
イラストレーション:石居麻耶 デザイン:岩瀬聡

大阪全停止というコピーだからパニック系の話かと思ってたのですが
もっと能動的な停止でした。
家族の絆というか、親と子の結びつきを感じさせる話。
そして時間も人数も規模が大きい。
もっとドミノが鮮やかな仕組みだと面白かったかなぁ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:20 | category: マ行(万城目学) |
# 鴨川ホルモー
評価:
万城目 学
産業編集センター
謎のサークル京大青竜会の新歓コンパで俺は一目ぼれをした。
早良京子に。むしろその鼻の美しさに。
野外レクリエーションに勤しんでいた京大青竜会は
7月についにその活動内容を新入生に明らかにした。
鬼語を操りオニを戦わせる競技、ホルモー。
その奇想天外さに誰もが半信半疑だったが
もともと適性を見込まれた新入生たちは
鬼語の習得に取り組みホルモーの実戦にこぎつけた。
初戦の後、俺は高村から早良と芦屋が
つきあっていることを教えられる。
もう京大青竜会にはいられない。
しかし中断しようとしてもオニたちが離してはくれない。
そこで俺は第十七条の行使を決意した。
イラスト:石居麻耶 デザイン:岩瀬聡

これぞエンターテインメント!
ホルモーというそれ自体コミカルな競技を通して
強烈なキャラクターにもつれる恋愛。
垢抜けない感じが青春っぽくていいです。

映画が気になる。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:45 | category: マ行(万城目学) |
# 鹿男あをによし
神経質だからと研究室を追い出されたおれは奈良の女子高へ赴任する。
担任を持ったクラスで四苦八苦していたある日突然鹿から話しかけられ、
京都の狐の使いから「目」を受け取るように言い渡される。
「目」の招待を姉妹校とのスポーツ大会である大和杯での
剣道部の優勝プレートだと当たりをつけたおれは
弱小剣道部での大会優勝を目指すが…

ドラマ化決定前から図書館で予約してたのに
ドラマが終わってから手元に届きました…もう全部見ちゃったよ!
なかなか上手いことドラマ化したんですねぇ。
話も忠実だし恋愛要素が加えられただけのような。

なので期待していたほどわくわく感はなかったのですが(残念)
突拍子もない話なのになんとなくリアリティがあります。
ただ本当の「目」を見つける過程がそれまでの盛り上がりに比べて
ちょっと尻すぼみな印象を受けますが。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:55 | category: マ行(万城目学) |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links