ほんのひとこと

元・本屋でバイトする学生による
日々の読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 走れ!タカハシ
タカハシヨシヒコが盗塁すれば告訴されない。
タカハシヨシヒコが満塁ホームランを打てばツバメにならない。
タカハシヨシヒコを紹介すれば証言台に立ってもらえる。
タカハシヨシヒコがレシーブすれば結婚しなければならない。
いろいろな人の人生がタカハシヨシヒコによって左右される。

いろいろな人生とは言っても野球選手に賭けちゃうくらいだから
結構ちゃらんぽらんな人生だけれども。しっかり者の話は結構好き。
タカハシヨシヒコ選手は輝いていたんだろうなぁ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:49 | category: マ行(村上龍) |
# 限りなく透明に近いブルー
日本人のリュウは「アイノコ」の女たちを連れて
黒人たちとパーティーを繰り返す。
ドラッグ、セックス、暴力のるつぼ。

こんな世界もあるのかぁーという感じ。
ギャップがありすぎてよくわからなかった。
強いて言えばケイが一番格好いいかな。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:38 | category: マ行(村上龍) |
# ラッフルズホテル
ベトナム戦争でフリーのカメラマンをしていた狩谷は
自分の「空洞」から逃れるために写真を撮り続ける。
そこへポートレートを撮って欲しいと現れたのは
あまり名は知れていないが天才的な女優の萌子だった。
独特の感性を持ち常に演技をし続ける彼女を恐れ
狩谷やシンガポールに逃れて新事業を起こすのだが…

萌子の視点で語られる章が一番好き。
他の2人の目線がないとたぶん状況が掴めなくなるんだけど
萌子がどのように世界を見ているのかが知りたくて。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:25 | category: マ行(村上龍) |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links